忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
27歳の女の子のささやかなひとり言。時々更新予定。
2017/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

道徳的価値を意識し、道徳的実践を行うことができるようにすること・・・らしい。

しかし、この授業
ついつい避けてしまいがちとなってしまう。

どのような活動を行えば、
子どもたちの心を揺さぶり、気付かせ、実践しようとする気持ちにさせられるのか
分からないからである。

そんなことを言っていては
教員失格だ。
分からなければ、調べて学んで理解して、
手探りでいいから実践すればいい。

頭ではそう思うことができても
時間と気持ちと体力の余裕がなく、
その努力を怠ったまま
時を過ごしてしまう。


ところで今日、部屋の掃除をした。
「した」というほどの成果はなく、相変らずグシャグシャの部屋であるが
その部屋の片隅から
4年前に購入した本を見つけ出した。

講師として初めて担任を持つことになった新卒ホヤホヤの頃、
何も分からず藁をもつかむ気持ちで買った本。
寝る時間もままならず、結局読まずに放置してしまっていた。

それを手にとり、読んでみる。
涙が込み上げてきた。

それは、道徳の授業の実践例集。

そこには、
「担任が感動できる教材を取り上げ、教師も子どもたちとともに学ぶべし」と書かれている。
子どもたちが学ぶ際に感じる感動を担任が共感してこそ、
子どもたちの心に届く授業ができるからだそうだ。

そして、最初の実践例は、
難病を抱えながらも、亡くなる直前まで必死に教壇に立った先生のお話。
運動が得意な体育教師が病気を発症して
立つこともままならなくなってもなお、
笑いあふれる楽しい学級を経営された実践。

先生の「生きる」姿から
子どもたちがいろいろなことを学び、
先生に肩を貸そうと、荷物を持とうと駆け寄る・・・

教師自身が生きる教材となっている。




この本には他にも思わず涙するような教材が
たくさん掲載されていた。
気まぐれに掃除をしたことで見つけた大切なこと。
それは、「かつての情熱」と「埋没してしまっていた自分」であった。

今日は雨。
強く降り付ける雨粒を見上げながら
4年前、「変えたい」と思っていた自分を
現在も変えることができないでいることに
情けなさが頬をつたう。

これをきっかけに
埋もれてしまった自分を掘り出せるのか・・・
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • フリーエリア
  • 最新コメント
[12/30 東山 あかね]
[12/24 (゜台゜)]
[05/17 東山 あかね]
[05/13 I]
[11/16 東山 あかね]
  • 最新トラックバック
  • プロフィール
HN:
東山 あかね
性別:
女性
職業:
教員??
趣味:
チョコレートの買い食い(笑)。
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © あかねいろ☆ほっぺ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]